doll house

cold cream と刻印された容器は、2頭身の黄色い髪をしたオンナノコにはちょうど良いサイズだった。傍らにその何倍か背のあるボブヘアの子が、縞模様の菓子箱の中で座っている。小声で一人つぶやきながら、ビーズを瓶の蓋へいくつか入れて、こぼさないようにテーブルへ運ぶ。小さな世界は忙しい。境界のない部屋を持つ家の中は、無秩序で想像の粋であった。
Back to Top